うつ病と心のケア

医者に相談

うつ病の症状のような変化を感じた場合は、病院へ足を運び、医者に相談をしてみるといいでしょう。うつ病と診断されることに不安を覚える人もいますが、自分では判断しにくい病気です。早期の発見が完治を早めます。

詳細はこちら

症状を緩和

心療内科では、うつ病を治療することが出来ます。症状を緩和することが出来る治療を受けることで、完治へ近づくことが出来るでしょう。自分に合っている治療法であれば取り組みやすくなります。

詳細はこちら

うつ病を診断

うつ病の症状は、病気だと気付きにくいものです。自分で判断することは難しいでしょう。うつ病は、放置しているとどんどんと悪化する病気なので、早めに診断を受けて病気が発症しているかを確認しましょう。

詳細はこちら

理解が必要

その症状は本当にうつ病なのか

うつ病の種類の一つに躁うつ病があります。これは、症状としてひどく落ち込んだ状態と異常にテンションが高い状態をくりかえすのが特徴で、うつ病と勘違いされることがよくあります。 症状が違うだけならよいのですが、治療方法も異なるため、症状の診断を間違えたまま治療を続けてしまうと、場合によっては症状が重くなる場合もありますので、注意が必要です。 そのため、絶対に避けてもらいたいのは、診断の際に患者の話をほとんど聞かずに薬を処方する医者にかかることです。うつ病の診断は患者の症状を詳しく聞いたうえで診断する必要があるのですが、これを行なわない医者がまれにいるので注意が必要です。 このような医者に遭遇した場合は、すぐに治療する病院を変えるか、セカンドオピニオンを利用しましょう。

医者の診断を補助する、新しい検査方法

躁うつ病は、躁状態と、うつ状態を繰り返すのが主な症状ですが、患者によっては、それぞれの状態が移行するまでの期間が非常に長い場合があるため、以前の症状を含めて問診を行なう必要があります。しかし、躁状態は患者自身では認識できない場合もあり、これが医者が正確な薬の処方が難しい原因とも言われています。 そこで近年注目されているのが、光トポグラフィー検査法です。これは、頭に近赤外光を照射することで患者の脳内の血流パターンを画像で可視化する検査方法で、うつ病患者と躁うつ病患者では、血流パターンに違いが見られると言われています。これを、医者の問診と合わせることにより、より正確な診断を行なうことが可能となります。 最新の検査方法として利用が進んでいる光トポグラフィー検査方法ですが、最終的に診断を下し、薬を処方するのは医者の仕事です。適当な問診を行なう医者は絶対に避けましょう。

女性とうつ病の関係は

うつ病の症状は、大きく二つに分けられます。憂鬱な気分や意欲の低下といった「精神的症状」と眠れない、食べられないといった「身体的症状」です。そして、うつ病は男性より女性に多くみられる病気です。その原因はまだ分っていませんが、女性特有のホルモンの変動が関わっていると言われています。結婚や出産、子育て、介護といった女性を取り巻く環境は目まぐるしく変わり、そのストレスがうつ病の原因の一つとも言われています。特に40代から50代は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減退するため、ほてりやめまい、動悸などの身体的症状が現れることがあります。その上、この時期の女性は子供の進学、夫婦関係や介護などの多くの問題を抱えています。心身のバランスを崩し、うつ病になりやすい時期でもあります。この時期のうつ病を「更年期うつ病」と呼ばれることもあります。1か月の薬代の目安は、ホルモン療法の場合、1500円から3000円程度。漢方薬の場合は、4500円程度になります。

治療法と再発防止のためにすること

女性のうつ病は非常にデリケートな病気です。治療には、十分な休養とストレスをなるべく少なくする環境作りが必要です。そのためには、家族や周りの人の理解と協力が不可欠なのです。それと、症状に合わせた抗うつ薬を服用しなければなりません。うつ病の治療薬は服用してすぐに効果が表れるものではなく、継続していく必要があります。勝手に量を減らしたり、止めたりすると副作用が起こる可能性があるので、主治医の指示に従いましょう。うつ病の症状が回復してもすぐに再発する恐れがあるので、油断は禁物です。うつ病になった原因をもう一度考え、環境調整を怠らないようにしましょう。また、ストレスに強い心身作りを心掛けると良いでしょう。バランスの良い食事、睡眠、運動などを生活の中に取り入れるだけで、心と体の元気に繋がります。質の良い生活習慣が、私たちの心身の強さに直結しているのです。

CONTENTS

不眠も症状

うつ病の症状は多くあります。不眠もその内の1つになります。睡眠不足になると病気が悪化するので、治療の為に睡眠薬が処方されることもあるでしょう。医者の指示にしっかりと従って治療を継続させましょう。

詳細はこちら

放置は厳禁

うつ病の治療を継続的にする理由があります。治療を途中で投げ出すことで、治療効果が損なわれてしまうのです。うつ病の症状が悪化する可能性もあるでしょう。そういったことがないように、放置は厳禁です。

詳細はこちら